静岡県立静岡がんセンターで勤務する前に知りたい内容を確認!

静岡県立静岡がんセンターの診療科は内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/腎臓内科/神経内科/糖尿病内科(代謝内科)/血液内科/皮膚科/感染症内科/小児科/精神科/呼吸器外科/乳腺外科/気管食道外科/消化器外科(胃腸外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/形成外科/眼科/耳鼻いんこう科/婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/病理診断科/臨床検査科/歯科口腔外科あり、外来を利用する患者へミスのない丁重な看護活動にあたっています。食道がんの根治的治療がなされた後の難治性の良性食道狭窄に対する生分解性ステント留置術 食道がんの根治的治療がなされた後の難治性の良性食道狭窄(内視鏡による検査の所見で悪性ではないと判断され、かつ、病理学的見地から悪性ではないことが確認されたものであって、従来の治療法ではその治療に係る効果が認められないものに限る。)/陽子線治療/パクリタキセル静脈内投与(一週間に一回投与するものに限る。)及びカルボプラチン腹腔内投与(三週間に一回投与するものに限る。)の併用療法 上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん/パクリタキセル静脈内投与、カルボプラチン静脈内投与及びベバシズマブ静脈内投与の併用療法(これらを三週間に一回投与するものに限る。)並びにベバシズマブ静脈内投与(三週間に一回投与するものに限る。)による維持療法 再発卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん/術後のホルモン療法及びS-1内服投与の併用療法 原発性乳がん(エストロゲン受容体が陽性であって、HER2が陰性のものに限る。)/ペメトレキセド静脈内投与及びシスプラチン静脈内投与の併用療法 肺がん(扁平上皮肺がん及び小細胞肺がんを除き、病理学的見地から完全に切除されたと判断されるものに限る。)/を実施しており、看護師は先進医療に関する知識を高めることにも役に立ちます。看護方式は多くの病院が用いるモジュール型継続受け持ち方式/固定チームナーシングを導入しています。ナースは勤務しやすく、患者には質を考えた看護を実施できるような設備を構築しています。


病院名静岡県立静岡がんセンター
無料求人登録https://www.nursejinzaibank.com
病院機能評価認定
外来患者数955
アクセスJR御殿場線「長泉なめり駅」バス8分
勤務体系3交替
看護方式モジュール型継続受け持ち方式/固定チームナーシング
所在地静岡県駿東郡長泉町下長窪1007番地
先進医療食道がんの根治的治療がなされた後の難治性の良性食道狭窄に対する生分解性ステント留置術 食道がんの根治的治療がなされた後の難治性の良性食道狭窄(内視鏡による検査の所見で悪性ではないと判断され、かつ、病理学的見地から悪性ではないことが確認されたものであって、従来の治療法ではその治療に係る効果が認められないものに限る。)/陽子線治療/パクリタキセル静脈内投与(一週間に一回投与するものに限る。)及びカルボプラチン腹腔内投与(三週間に一回投与するものに限る。)の併用療法 上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん/パクリタキセル静脈内投与、カルボプラチン静脈内投与及びベバシズマブ静脈内投与の併用療法(これらを三週間に一回投与するものに限る。)並びにベバシズマブ静脈内投与(三週間に一回投与するものに限る。)による維持療法 再発卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん/術後のホルモン療法及びS-1内服投与の併用療法 原発性乳がん(エストロゲン受容体が陽性であって、HER2が陰性のものに限る。)/ペメトレキセド静脈内投与及びシスプラチン静脈内投与の併用療法 肺がん(扁平上皮肺がん及び小細胞肺がんを除き、病理学的見地から完全に切除されたと判断されるものに限る。)/
病床数615
入院患者数517
認定看護師数33
URLhttp://www.scchr.jp/


ナースではたらこ
ナースではたらこ
面接対策指導 履歴書チェック 書類チェック 面接同行 病院指定
常勤(夜勤無) 常勤(夜勤有) 夜勤専従 クリニック 介護 リハビリ

マイナビ看護師
マイナビ看護師
面接対策指導 履歴書チェック 書類チェック 面接同行 病院指定
常勤(夜勤無) 常勤(夜勤有) 夜勤専従 クリニック 介護 リハビリ

ナース人材バンク
ナース人材バンク
面接対策指導 履歴書チェック 書類チェック 面接同行 病院指定
常勤(夜勤無) 常勤(夜勤有) 夜勤専従 クリニック 介護 リハビリ